順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

もうひとつのカーニバルの楽しみ方

by miyuki
<今日はこんな日>
・2日目の舞台裏見学
・宿で写真交換
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

初めてのカーニバルを終えて朝帰り。
どっぷり楽しんで、とても疲れました。

今日はスペシャルグループ残り6チームが登場する2日目。
疲れているので観覧する予定はないけど、今日は会場の外での別の楽しみ方を知りました。

会場の外には、出演チームの山車が本番を控えずらりと並んでいます。
こうして近くでみると、一つ一つの山車の大きさを実感できます。


「誕生」がテーマかな?妊婦の山車


もしかしたらこの中に優勝チームの山車いるかもと思うと、つい今日のカーニバルも見たくなってしまいます。


山車を横目に歩くのもおもしろい


ここでは出演するダンサーたちと一緒に写真が撮れます。









サービス精神旺盛のダンサーが被り物を貸してくれることも。
飛んでるように見えるでしょうか?


白鳥になって嬉しそうなしんご


いよいよ本番を迎えるということで、みなさん緊張しているかと思いきや、心からお祭りを楽しんでいると言う感じで快く一緒に写真を撮らせてもらえました。

この舞台裏の雰囲気がとてもハッピーで好きでした。


今日がご主人の誕生日、しかも結婚記念日というおめでたいダンサー夫婦にお話を伺いました。


右の方がご主人

カーニバルに参加するためには、4ヶ月前くらいからサンバチームのWebサイトなどで申込み、衣装を購入すれば誰でも参加出来るそうです。
気になる衣装のお値段は、モノによって違うようですが、この衣装で1着US$500位だそうです。

観るのも充分楽しめたけど、あの豪華で長〜い列の中の一員になって踊れたら最高だろうなぁ。
いつか私たちも夫婦でリオのカーニバルに出てみたいものです。
よし、「死ぬ前にやりたい100のこと」に追加しようっと。


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

思わず涙!感動のリオ・カーニバル

by miyuki
 <今日はこんな日>
・リオのカーニバル
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

打上花火を合図にカーニバルが始まりました。

昼から待ち続けた疲れも、花火とともに吹っ飛んでしまいました。
このまま一睡もせずに朝まで、ずっと憧れていた世界一のカーニバルを存分に楽しみます。

最後尾が見えないくらいずーーーっと向こうまで続く大パレード。
息をのむほど豪華な山車と超満員の観客の盛り上がりに鳥肌がたちました。
もう言葉や文字で言い表せないほどの感動で、横にいるサンパウロから来たというおばちゃんと一緒になって涙を流している自分がいました。




今までに素晴らしい景色を見て、感動したことやグッとくることはたくさんあったけど、涙が出たことは一度もなかったのに。こんなの初めてだなぁ。


スペシャルチーム12チーム中、2日間に分かれて優勝を競います。
できれば私たちが観覧する今日の6チームの中から優勝チームがでてほしいところ。


私たちのいたSECTOR7の向かいは審査員席


各チームの構成は同じで、山車は8つ、山車の間に歌い手と踊り子が長い列になっています。
1チーム4000〜5000人くらいで構成されているんじゃないかしら。

制限時間は1時間半、音楽は生歌&生演奏、山車は機械ではなく人間が押す、性器を出したら大減点などの審査基準があるそうです。

音楽もかなり重要で、音楽によって観客席のブラジル人のノリも全然違います。
トップバッターのチームの音楽が一番耳に残ってるなぁ。


山車の間に歌い手のトラックが


今日見た約50個の山車の中で印象に残っている5つを厳選してみました。


トップバッターの読書するおじいちゃん山車



アフリカをテーマにシマウマや民族があしらわれている山車



くるくる回転するカラクリ山車



テーマはメキシコのガイコツいっぱい山車



山車の上で空中技が飛び出す。まるでシルク・ド・ソレイユな山車


山車と山車の間にはたくさんの踊り子がいます。
子供からお年寄りまで華やかな衣装だったり、かわいい衣装だったり。
車椅子の出場者もたくさんいました。


こういう衣装に限っておばちゃん多し



私が踊り子ならこういう衣装で出たい


カーニバルで何といっても欠かせないのがサンバガール
彼女たちが踊ると大きな山車はぐらぐら揺れます。
あのボディはどうすれば手に入るのでしょう?
やっぱり黒人ダンサーはスタイル抜群で迫力大です。

  
かわいい顔にセクシーボディの持ち主



写真だけで迫力が伝わってくるでしょ?



乳首にシールを貼ってあるだけのような…



どこの星から来たのでしょうか


朝7時頃、カーニバルは終了しました。
開始からあっという間の9時間、疲れたけど大・大・大満足のリオのカーニバルでした!!!
本当に素晴らしかった、夢のような時間を過ごせました。


観に来てよかった!カーニバル!





後日発表された優勝チームは私たちが観覧した6チームの中にいました。
確か70年振りの優勝と新聞に書いてあったような。

サンバというより様々なカラクリやマジックで魅了してくれました。
観客はもちろん、審査員も身を乗り出して夢中で見入っていて、確かにこれほどオーディエンスを虜にしたチームはありませんでした。



↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界が注目!リオのカーニバル

by miyuki
<今日はこんな日>
・リオのカーニバル
・14時から並び、17時開場、21時開演
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

リオのカーニバルは南米三大カーニバルの一つであるだけではなく、世界有数の大イベント。
もちろんブラジル国内でも大々的に取り上げられ、カーニバルの模様は生中継されます。
世界中から集まる観光客で溢れ、これまでのどこの街でも感じたことのないような熱気に包まれています。

世界的大イベントを観る機会に巡り合えたことを幸せに感じます。


二日前に購入したチケットを携えた私たち日本人軍団8名は14時頃から席取りのために入り口に並びました。
もっと多くの人が並んでいるのかと思いきや、前に並ぶのは4,5人ほど。
17時の開場まではカンカン照りのお日様の下、大富豪をして過ごしました。
開場とともにダッシュでセクター7へ向かい、さらに良席のセクター9寄りの最前列を
確保。

ふぅ、これでひと安心といったところ。

でも、少しでも前で見たいと思う気持ちはみんな同じ。
せっかく一番前の席を確保しても、前の手すりに立たれてしまったら見えません。
しれっ、と手すり前に割り込むも、すかさず私たち軍団に「NO!」と言われて退散する人が後を絶ちません。


手すり部分も席の一部です


おもしろかったのがこの青年。
どうやら彼、マドンナの熱狂的なファンらしく、バッグやTシャツにマドンナのバッジをつけて私たちの前に割り込んで来たのです。しかも、手にはマドンナへのメッセージが書かれた紙を持って。



なんでも、今日はマドンナがカーニバルを見に来るとか、TVで見ているとか、そんなようなことを言っている。いや、だからって割り込んでいい理由になんてなるわけないよキミ。

ただでさえ大きな体が視界を遮るというのに、このメッセージを掲げられてしまったら、後ろの人はさらに見えなくなってしまいます。彼に向けて私たち含む大勢の人が大ブーイング。

でも、どうしても熱い想いをマドンナに伝えたい彼は、みんなの視界の邪魔にならないところに貼って、すごすごと退散していきました。


果たしてマドンナはこのメッセージに気づいてくれるのか!?


彼以外の誰しもが、そんなメッセージ貼ったって無駄と思っていたに違いない。
マドンナに想いが届いたか、それは彼女と神のみぞ知ることです。


さあ、いよいよカーニバルスタート!

どこのチームもスポンサーがついているので、先頭はスポンサー軍団がチームを導き、笛の合図で審査が始まります。大企業や芸能人、スポーツ選手などがスポンサーとして参加しているようなのですが、唯一私たちでも知っている有名人がスポンサーにいました。




ジーコだぁぁぁーーーーー!!!!


そういえばジーコはブラジル人だったわね。
先頭チームのスポンサー軍団の一人としてノリノリでチームを導いていました。


世界的に有名なカーニバルなので、観覧を招待される有名人もたくさんいます。
その中で、一際注目を浴びたのがこのブロンド女性。



世界中でお騒がせ姉妹と名高いパリス・ヒルトン嬢です。


「立って見るのは疲れるからイヤ!」とでも言ったのでしょうか。
すぐさまセクター7のVIPのブースに入って来たのだから驚きッ!
私たちから5mくらいの近さで、パリスがカーニバルを観覧するとはね。



横にいる彼氏っぽい人と携帯をいじるパリス。
呼ぶと笑顔で手を振ってくれて、お高く止まってるかと思いきやなかなか愛想がよろしいお嬢さんで。



パリスも自分の携帯で私たちを写メってくれました。
うわぁ〜。パリスの携帯の中に私たちの写真入ってるし。
パリス、その写真消さないでとっておいてね。




他にも私たちの知らない女優さんや、スポーツ選手などいたみたい。
こんな超有名人に会えるのも世界が注目する一大イベントならではですね。

次回、カーニバル本編に続きます・・・。



↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



リオ、熱すぎる

by miyuki
<今日はこんな日>
・朝9時、町はすでにカーニバルムード
・サンタテレサまで歩いて向かう
・リオブランコ通りは人が多すぎて動けない
・イパネマ海岸はビーチを黄色いパラソルが埋め尽くす
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年のカーニバルは2月13日〜16日まで4日間行われます。
私たちは明日のカーニバルを観覧するので、今日はリオの町を散策します。

まず初めに向かったのはサンタテレサ。
サンタテレサへ向かうまではちょっと危険な雰囲気だけど、壁画が多くてかっこいい。




人通りのない道を抜けると一気にすごい人だかりが。
ここがサンタテレサだ。




仮装して朝からビール飲んで、歌って踊ってしゃべって。
ブラジルの人って本当にカーニバルが好きなんだなぁというのが伝わってきます。


ベンゾウ眼鏡がお似合いのメイドは鶴瓶っぽい



赤ちゃんですがコップの中身はもちろんビール


南米美人は3C(チリ・コスタリカ・コロンビア)と言われているけど、私は絶対ブラジルが入ると思う!


リオっ娘はかわいい


瞬く間に売れるビールはすぐに空き缶でゴミ箱がいっぱいに。
ひたすら空き缶を片付け続けるおじちゃんはこんなに細い体なのに、サイボーグのような見事な筋肉の持ち主!


ムキムキの腕、筋肉100%に違いない


続いて向かったのはリオ・ブランコ通り。
ここは白地に黒い水玉模様のコスチュームの人たちで溢れてました。
地域オリジナルのデザインで今年は水玉のデザインだそうです。
私たちもタンクトップ、つい買ってしまいました。





地下鉄で向かったイパネマビーチは、パラソルの数が尋常じゃないほど大混雑。
私たちも何とか自分たちのスペースを確保したけど、何か様子がおかしい。

どうやら暗黙の了解で、ゲイ・レズビアン・その他とビーチが3つのエリアに分かれていました。
思わず口をあんぐり開けてしまうような光景もチラホラ。刺激的です、このビーチ。




女の子は当たり前のようにTバック。



スタイル抜群のかわいい子ばっかりで、夫は嬉しそうにそこら中のパラソルの隙間を歩いて偵察していました。

イパネマエリアでも仮装行列がありました。
サンタテレサよりさらにメイクやコスチュームが派手!









リオの盛り上がりが少しは伝わったでしょうか?

昼からビール飲んでお祭りモード全開のリオ市民を町の至るところで見れるので、それを見れただけでもリオに来た価値はあったぞ!

明日は念願のカーニバル!いよいよっ!


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

カーニバルチケット購入!

by miyuki
<今日はこんな日>
・コパカバーナ周辺の旅行代理店をまわる
・カーニバルチケットゲット
・宿の隣で久々の散髪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は午前中から旅行代理店をまわって、カーニバルのチケット探し!

定価販売されたチケットは旅行代理店やダフ屋が買い占めてしまうので、
旅行者の私たちは高い値段を払わないと良席のチケット入手は難しいのです。

昨年リオのカーニバルを観覧した友人からの情報を参考にコパカバーナ周辺の旅行代理店を手当たり次第物色。


コパカバーナビーチ


2010年度のリオのカーニバルは2月13日〜16日の4日間。
そのうち中2日がスペシャルグループ12チームの出場なので、この2日が特に見ものとのこと。

チケットは高価なので、私たちは昨年のチャンピオンと過去6年に4度優勝しているチームの出場に合わせて14日のカーニバルを観覧することにしました。
狙いは審査員席にも程近いセクター7!


会場を激写!


席はピンキリで安い席も高い席もあります。

踊り子までの距離が遠い席や、踊りや出し物がまだ盛り上がっていないパレードのスタート地点付近の席は、安いそうです。
高い席とは、ズバリ、審査員席に近い席。

パレードは審査員の前で猛然とアピールするため、他のセクターでは見られないような仕掛けや出し物がここでは繰り広げられる可能性があります。
私たちはそんな審査員席に近い席の中でも、比較的手が出しやすいとされるセクター7に狙いを定めました。

日本人8名で観覧することになり、みんなで旅行代理店を襲撃です。
ダフ屋もいるけど、偽物を掴まされる可能性があるらしいので旅行代理店に絞りました。


何軒かあたったところ、昨年よりも高値のようで、セクター7の相場は500〜650レアル。(1レアル=約50円)
1ランク下のセクター5の相場が370〜500レアルといったところでしょうか。

カーニバル2日前にしてセクター7は完売だと言ってくる旅行代理店もいくつかありました。
それに、こんな高値のチケットを8人で買うっていうのに、旅行代理店もあまり必死になって値下げをしてこなかったり。


この旅行会社が最安値で売ってくれた


その中でも言い値600レアルから始まり、交渉に交渉を重ねた末、450レアルまで下げることに成功!
といっても、交渉をしてくれたのはリオに留学中のリョウちんなんだけど。
彼のポルトガル語のおかげです。感謝、感謝!


必死に交渉中の模様


これで14日のセクター7のチケットは無事ゲット!
あとは当日を待つのみ!めっちゃ楽しみ〜ぃ♪





↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

わくわく!リオ突入!

by miyuki
<今日はこんな日>
・18:40 リオ到着
・ブラジル人はとても親切
・明日からの宿の予約をとる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シウダーデルエステからの夜行バスは6時間遅れでブラジルのリオデジャネイロに到着しました。

いよいよ、世界三大カーニバル、リオのカーニバルです。

私たちも大まかな旅の計画は立てているのですが、予定変更はよくあること。
それでもどんな予定変更があっても、2月のリオのカーニバルの時期にはブラジルにいるのを念頭にスケジュールを組んできました。

旅を初めた当初はリオのカーニバルなんて、まだまだずーっと先のことって思っていたけど、本当にあっという間だったなぁ。


去年、急遽オーストラリアへワーホリに行ったので、予定より1年遅れになったけれど、
どうやら今年のカーニバルにリオは私たちを呼んでくれたみたいです。
そういう思いがあったので、いつもの移動よりも感慨深いものがありました。

さて、リオに到着です。
ブラジルの中でも特に治安が悪いといわれている町なので、内心ドキドキ。


リオの長距離バスターミナルにいた姉弟


南米一物価が高いブラジルですが、カーニバル期間中はさらに高騰します。
そのせいでカーニバルを諦めるバックパッカーも多いくらい。
ホテル予約サイトで見ても、ドミトリーで1人US$60なんてザラだし。

私たちもリオ滞在中の宿をどうするかは悩みのタネでした。
事前に予約しなくても過剰気味にある宿がどこもかしこも満室ということはないとも聞いていたし。

ただ治安が悪いリオの町を大荷物を担いで宿探しをするのはリスクがあると思い、
着いたその日だけグロリア地区のホテルを押さえておくことにしました。


まるでラブホのような外観



入ってビックリ!ベッドに鏡は必要ないのだけど・・・


クーラーや冷蔵庫完備でシャワーもあつあつで清潔なうえ、豪華な朝食付きで2人で$60なので許容範囲です。
カーニバルが始まる数日前から値上げする調子に乗った宿も沢山あるけど、
カーニバル中の4日間だけ値上げという宿もたくさんあります。

このホテルもカーニバル期間中は2倍のUS$120に値上げするそうですが、すでに予約で満室と言っていました。ホテル代も年々上昇している模様。
この快適ホテルは1日限りで、明日は宿を移動。同料金だけどランクはぐっと下がります。
そして、明日はカーニバルのチケット探し、がんばるぞー!


焼きそばはブラジルでも“YAKISOBA"


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

<< | 2/2PAGES |