順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

ちょっと流行りに乗ってみた

by miyuki
<今日はこんな日>
・8:00起床
・田植え体験@埼玉西部市民の会
・家でバケツ稲植え
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どこの区市町村でも配布されている「広報」。
帰国してからというもの、家で退屈しっぱなしの私たちは、
以前は届いてもあんまり読まなかった広報も、
二人して穴が開くほど熟読している。

そんな広報の"催し"欄で興味深いものを見つけた。
それは「田植え体験」

最近テレビでも田植えを特集した番組をよく目にする。
「農ギャル(ノギャル)」なんてのも出てきて秋には「渋谷米」が発売されるそうだ。
私たちも以前から田植えに興味があったので、機会があれがやってみたいと思っていた。
早速、農家のおじさんに電話して参加させてもらうことにした。

朝からポツポツ雨が降っていたけど雨天決行。
チャリをこいで、田んぼに着いた。

例年は参加者全員で田んぼ一枚全て手植えするらしいけど、
今日は雨のため参加者が少なくて、すでにトラクターで植えてしまっていた。

残された数列を私たち参加者が手植え。
せっかくだから裸足になって、田んぼのぬるぬるも体感してみたい。
むしろ長靴ははまりやすいから、裸足の方が歩きやすい気がした。



こんな稲の束を持って、2〜3本取ってつまんで、第二関節の深さまで植えるのだ。
これでごはん茶碗に軽く1杯分あるそうだ。
途中まで機械が植えてるからまっすぐだけど、手植えの手前側は曲がりまくってるのがおわかりになるでしょうか。
想像以上に難しい…。



一人四列植えました。本気で植えてこの曲がりよう。
そんなに不器用じゃないはずなのに、おっかしいなぁ。
でもいいの、いいの。実ったお米がおいしけりゃ。



なかなか上手な夫。これじゃ嫁の不器用さが目立つじゃないのー。
天気のせいで当日やってきた人は少なく、予定よりも狭いスペースで短時間で終わっちゃったんだけど、「ちょいそこ米」を植えることができました。

昔の人や機械を買えない人はこの広い田んぼに腰を曲げ続けながらひとつひとつ手で植えなきゃいけないわけで、その大変さは今日の四列の手植えだけでは到底わかりませんね。

オーストラリアでも農業の大変さとありがたさと面白さを感じたけど、今後とも場所を選ばず機会があれば、農業に触れてみたいと思います。

自分で植えたところに自分の名前を書いたプレートを立てました。
秋にはこの田んぼで収穫祭があって、みんなでカレーを食べるんだって。
残念ながら収穫前に旅を再開してしまうので、収穫は我が妹に託します・・・。

あまった稲をいただいて、自宅で「バケツ稲」もやってみました。



妹よ、何もかも丸投げですまん。
よろしく頼むよ。

姉&義理兄より


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

よく食べる嫁、札幌へ

by miyuki
<今日はこんな日>
・小雨降る中、ゆららでパークゴルフ
・大通り公園で散歩
・札幌の花畑牧場カフェで生キャラメルソフト
・日下夫妻、おばあちゃんを交え、6人で食事
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夫の実家のある札幌へ3泊4日で遊びに行ってきました。

札幌へ帰るといつも私たちの大好きな温泉とパークゴルフに連れてってくれます。

今回は札幌から程近い『定山渓温泉ゆらら』というお宿。

お義母さんが行ってよかった宿に連れてってくれるので、お料理もお風呂もいつも完璧です。
すっかり「よく食べる嫁」が定着してしまっている模様です。



札幌市内もちらっと観光。
東京・青山にある「花畑牧場カフェ」が札幌市内にもあって、
なかなか賑わってました。
女心がくすぐられる全面ピンク色の店内。

相変わらず新千歳空港では生キャラメルの行列ができてたけど、
このお店は生キャラメルの種類も豊富だから、まとめ買いにはいいのかも。
ソフトクリーム食べたけど、なかなかおいしかったです。



噂の生キャラメル、はじめて食べたけど想像してたよりおいしかった。
バターの味がいっぱいして、「手作り」って感じで。
でもあの量であの値段かー。高すぎますよ、義剛さん!!


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

いつまでも女子高気分

by miyuki
<今日はこんな日>
・11時起床
・引き続き、めそ元気ない
・谷津と西船橋で飲む
・み 山国会@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高校時代からの友人陽子が結婚をするということで、
お祝いパーティーしてきました。

私の時もみんなでお祝いしてくれたけど、祝われる方はもちろん、
祝う側も嬉しいものですね。

私は埼玉の女子高に通っていたんだけど、みんな未だに埼玉在住。
結婚してもばらばらになることなく、みんな近くに住んでるから、
こういう時、地元はいいなぁとつくづく思う。

そのうちみんな子供同伴でお茶会とかするようになるんだろうか。
出会ってもう15年。おばあちゃんになってもこの会は続けていこっと。

陽子、本当に結婚おめでとう!

お祝いにはみんなからスチームオーブンを。
今のオーブンってすごいのね。

マックとかのポテトって時間が経つとすぐまずくなるけど
スチームオーブンで温めなおすと元に戻るらしいよ。
調べてるうちに私もほしくなっちゃった。



↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

思い出は最高の肴

by shingo
<今日はこんな日>
・み 8時起床、し 11時起床
・み 2年ぶりの美容院
・シンさんと新大久保で再会。とんちゃんで飲む
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日今日と、旅先で会った方々と約1年ぶりの再会をしてきました。

昨日は、インド・ニューデリーで会ったミツさん

家が近所ということで、川越の焼き鳥屋でミツさんの奥さんもご一緒して乾杯!

まだ人の少ない朝のメインバザールで、僕達二人が屋台のサンドイッチを食べているとき、ミツさんのほうから声を掛けてくれました。

そして、初インド旅行だというミツさんの列車チケット購入をお手伝いすることに。
駅に行ったのはよかったけど、外国人用窓口や現地人用、当日券用と、チケットカウンターをあっちこっちと何度もたらい回しにされ、3人で汗だくになりながら行ったり来たりしたのは良い思い出です。

約3時間ほどしかご一緒しなかったのに、1年後にこうして夫婦同士でお酒を酌み交わせるとは思いませんでした、とても嬉しかったです。
実家も近いし、長い付き合いとなりそう。
今後ともよろしくお願いします!




そして今日は、パキスタン・カラーシュバレーで会ったシンさんと再会。

2回目の世界一周だったシンさんは、僕が関西に住んでいたときの実家が近かったり、親父さんがうちの親父と同じ会社だったり、今は亡き横浜フリューゲルスのファンだったりと妙に接点が多く、すぐに意気投合。

共に、沢山のヤギと山で一夜を過ごす村の伝統行事に参加。

なのに、朝の4時から9時間かけてやっとこさ登った山を、綺麗な夜空を見ることもなく急遽下山することになった、思い出のヤギピクニック。


到着直後、小屋で休憩をとる

当時の日記では“とある事情”により下山、とその理由を濁していました。

でももう時効ですよね。
実はこれ、シンさんの重大な怪我が原因だったのです。

山頂に着き、疲れた体を休めながら村の人たちと談笑していたその時、
左手をで真っ赤に染め、顔をしかめたシンさんが突然現れました。

「やばいっす、やばいっす」

一気にその和やかな場が凍りつきました。

水を汲むため辺りをウロウロしていたシンさん。
↓この崖を登ろうとした時、頭の大きさほどもある大きな岩が崩れ、
シンさんの左手の上にドーン!


現場は右側の崖

手は縦にぱっくりと裂け、骨も折れてしまったのです。

私たちはすぐに下山し、大きな町の病院に急行することに。

病院に着き、緊急手術が開始されるも、すぐにハプニング発生。

手術中にまさかの停電、手術室はまっくら。

しかし、こんなことでめげないのがパキスタンの先進医療チーム。

なんと、
シンさんのデジカメの液晶を明かりにオペを続行する
という荒業でこの難局を乗り切り、オペを成功に導いたのです。
こうしてシンさんの手は無事くっついたのでした。


いやいや、それにしてもあの時は本当に驚きましたよ、シンさん。

しかもそんな手の状態にも関わらず、一度も帰国せずその後も旅を続け、
フンザにもちゃっかり訪れたその執念、旅人として素晴しすぎます。


直後、この左手に惨劇が・・・


どの思い出も懐かしいなあ。
こうして日本に帰ってきて再会し、思い出を肴に酒を飲むのは堪りません。

この便利な世の中、mixiやらなんやら使えるものはフル活用して、
旅の出会いを大切にしていきたいです。


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

帰国して驚いたこと

by shingo
<今日はこんな日>
・7:00 KUL到着
・11:00 KUL出発
・19:00 成田到着 係員が皆マスクしててひく
・19:50 成田発川越行バスに乗る
・21:45 川越到着 定刻通り 日本はすごい
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

無事、帰国いたしました。
ヨハネスブルグを発って、ちょうど24時間で埼玉の嫁の実家に着きました。

今回のフライトでは眠気と戦いながらも、映画を沢山観れたので退屈しませんでした。


千葉、茨城付近上空


日本に着いて驚いたこと。

その1

成田空港職員が全員がっつりマスクを装着していたこと。

新型インフルのことはネットで知っていましたが、これほどの警戒体制とは思わなかったので、成田着いた途端に職員達の見事なまでのマスクの揃いっぷりを見て正直、引きました。
僕達は勿論マスクなんてしていないから、無駄に不安感を煽られた気分。
ま、予防のためには着用したほうがいいのでしょうが。


その2

バスがガラガラのまま出発したこと。

アフリカでは“満員出発”が当たり前。
ミニバスはもちろん、出発時刻が決まっているはずの大きな長距離バスだって、こんなにガラガラだったら絶対出発しないはず。


乗客 5人、アフリカバスにはない“静寂”がそこにはあった

これ、絶対赤字でしょー。

成田空港から川越までの直行バスサービス。
片道2時間、3200円。
しかも1日10往復もあるんです。

利用者には嬉しいけど、これじゃバス会社さん厳しいんじゃないのかなあ。


その3

日本のバスが定刻通りに発車し到着すること。

帰国するといつも思うことだけど、これは本当に素晴しいと思います。

「え〜、本日はご利用いただき誠に有難うございます、」

「川越には、21時45分頃到着の予定です」

という運転手のアナウンスを聞きながらウトウトし、起きた時にはもう川越。

時計を見てビックリ、本当に21:45 ではないか・・・。

なぜ、運転手さんは19:50に成田空港を出たバスが、21:45に川越に着くことを知っていたんだろう??

アフリカの運転手に、何時に着く?なんて聞いたって、「わからん」と言われるか、イスラム圏だったら平気でこう答えるに違いない。

「インシャッラー(神のみぞ知る)」

日本の運転手さんは神かそれとも神の友達か!?

帰国して早々、日本という国の凄さを実感したのでした。


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

『相棒』漬けの日々、そして…

by shingo
<今日はこんな日>
・めそちゃんと水上公園でお花見
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

帰国してもうかれこれ2週間。

家にこもって、水谷豊の『相棒』(再放送二本立て)を観ながら次の旅の計画を立てる毎日です。

もう4月だというのに日本てば寒くってイヤになっちゃいます。

おまけに久々の花粉症にやられちゃって日本に帰ってきたことを実感。

いやあ辛い辛い。
家の中にいても朝から晩まで鼻はグズグズ、目は痒い。
これじゃ外に出るのにも勇気がいるってもんです。

そしてとうとう、次の旅が決まりました。

行き先はアフリカ南部!

出発は明日!
今回はすぐ帰ってきますが、念願のアフリカ上陸に二人ともすでに鼻息が荒くなっています。

そんな出発前日の今日、実に3年ぶりとなるの花見に行ってきました。
いや〜、日本の桜はなんて素敵なんでしょう。





やっぱり日本の春って良いですね。
あとは花粉症さえなければね。

それでは次回、アフリカで会いましょう。




↓↓↓ 応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

思わぬ餞別

by miyuki
<今日はこんな日>
・8:20起床 ホテルで朝ごはん
・JR西日本フリー切符購入
・岡山 12:14出発 〜相生〜三宮〜大阪〜関空 17:00到着
・途中、三宮、大阪で途中下車したが、何もせず。
・20時発予定の便が機材遅れで1:20発に
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

JR西日本フリー切符を購入し、岡山を昼過ぎに出発。

三宮、大阪でそれぞれ途中下車したものの、雨の中大きな荷物を引きずっては
どこも行く気が起きず、先を目指してすぐさま次の電車に乗り込む。

およそ10年ぶりの夫の故郷だというのに、
結局どこへも寄り道せず、17時に関空到着。

関空ではそんな二人に思わぬ幸運が待っていた。

到着して早速チェックインしようとカウンターに向かうと、
そこにはすでに出発時刻の遅れを知らせる張り紙が。

私たちが乗るジェットスター20便は、20時に関空発予定。
しかし、変更後の出発時刻は、なんと深夜1時!つまり8時間後!
なんてこったい!

でもいいんです。

なぜなら、航空会社がお詫びのしるしに一人1500円もの食事券をくれたから。
やったー。

思わぬ形で日本での最後の晩餐をいただけることになった二人。
さあ、何を食べるか。うどんか、寿司か、天ぷらか。
レストラン街でうろうろすること15分。

私たちが日本での最後の晩餐に選んだのは「トンカツ」。
特上の黒豚ヘレ肉(ヒレ肉とは違うのか?)いただいちゃいました!
自腹だったら高くてまず手をださないでしょう。
3000円分の食事券を使い、3030円のご馳走をいただいたので、30円也!

安さが売りのジェットスターにとって、一人1500円は相当痛手でしょう。
でも大丈夫、またジェットスターさん使いますよ。(大遅延歓迎

これで心置きなく日本出発できます。

ごちそうさま!いってきます!


↓↓↓ そろそろ本気出してブログ更新がんばりまーす! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

人は親切な生き物だ

by shingo
<今日はこんな日>
・9:00〜10:00 東城町 学恩寺で納骨
・親戚周り
・帝釈峡観光(オオサンショウウオと雄橋と白雲洞)
・19:00 岡山到着
・岡山駅地下の陣山ラーメンで晩飯
・でざあととまと(580円)が絶品
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


みゆきの親戚の納骨で、広島と岡山との県境にある東城という町に行った。
もろ中国山地の中だから、このあたりはとてものどか。
いわゆる田舎というやつです。

親戚のお宅を数件回ったのだが、どこも広ーい田んぼを持ってて、
昔ながらの立派な屋根瓦の家。
きっと何世代とここに暮らし続けているんでしょう。

みゆきすらどういう関係の人かわからないような、少し遠い親戚なんだけど、
みなさんどこか、みゆきのお母さんやお母さんの兄弟に顔が似てたりして、
なんだか血っておもしろいなー、としみじみ思ってしまった。

みなさんとても優しくて、アポなしで押しかけたにも関わらず、
笑顔で迎えてくれて、メシ食ってけだの、ジュース持ってけだのと、
なんだかまるでパキスタンのように親切。

人はやっぱり元来、親切な生き物なんだ。
ふと、そう再認識した。




親戚回りのあとは、帝釈峡という紅葉の名所を観光。
でも紅葉の季節まであと2週間はかかりそうだった。
見応えがあったのは、"雄橋"という名の天然橋、つまり自然が作り出した橋。
川の浸食により出来たのらしいけど、ここまで大きなのは稀で、
世界3大天然橋の一つなんだとか。って凄いじゃないか。
ちなみに、橋と呼んではいるが、橋としては全く利用されていません。




帝釈峡にはまだ生息しているんだろうか。
お土産屋さんの水槽に飼われていたオオサンショウウオ
生まれて初めて対面。
手がとてもカワイイ。目は確認できなかった。

君、ほんとにきれいな川でしか生息できないんだってね。
ここらの川には昔はもっとたくさん仲間がいたんだろうに、
今では、こんな水槽で飼われて見せ物になっている。
きっと人間がいけないんだよね、ごめんな。




これはみゆきの妹から貰った餞別。

でざあととまと

トマトが丸々1個入ったゼリーなんだけど、なんと1個580円もする代物。



食べてみると、これが目が飛び出るほど美味い!(ちょっと大げさ)
すっぱいのをイメージして口に入れたら、なんのなんの、とっても甘い。
でもゼリーやお菓子の甘さじゃない、トマトそのもののやさしい甘さが口にほわ〜。

みゆきと一口ずつ取り合いしながら、あっという間に食べてしまいました。
トマトが嫌いな人も、これを食べればトマトが好きになること間違いなし!
少し高いけど、お取り寄せする価値あり!


↓↓↓ まもなく再出国、応援よろしくおねがいします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界に広げたいノーモアヒロシマ!

by shingo
<今日はこんな日>
・8:50 広島到着
・原爆ドーム→平和祈念公園・資料館→宮島
・宮島口であなご飯食べる
・厳島神社参拝、干潮のため大鳥居まで歩ける
・広島駅 みっちゃん本店でお好み焼き
・山陽道→中国道で東城へ、帝釈峡 休暇村に宿泊
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日21時に新宿を出た高速バスは、9時前に広島に到着。
バスではぐっすり眠ることができ、あらためて日本の長距離バスの快適さを実感。

そして今日は広島観光。

原爆ドーム平和祈念公園宮島と、ベッタベタな広島一日観光をこなし、
夕飯もお決まりのお好み焼きを食べ、一同ご満悦のご様子。

宮島名物あなご飯


初めて広島を観光して思ったのだけど、なんと外国人観光客の多いことか。
やはり、"原爆"のひきつける力は強いのだな。
原爆資料館は国籍問わず人だらけの超混雑。
どの国の人も興味津々で展示を見ていました。
展示を最後まで見るのに1時間半くらいかかったけど、
まともに見たら3時間はかかりそうなボリューム感。
入場料が大人80円というのもうれしい。

また、驚いたことに、ここのオーディオガイドで対応している言語の数が半端ではない。
20カ国語くらいだったかな。なんとパキスタンのウルドゥー語にも対応している素晴らしさ。
パキ人にもしっかりと原爆の怖さを知ってもらって、是非とも核兵器を放棄してもらいたいものですな。
もちろん核保有国のみなさんにもですが。

そして、今回特別な体験ができたのが、世界遺産の厳島神社

行くまで知らなかったのだけど、あの海に浮かぶ真っ赤な大鳥居は、
干潮になると人が歩いて近づくことができるんです。



そして、僕たちが行ったのもちょうど干潮の時間。

触れてきました、大鳥居。
朱に染まった大鳥居を間近で見上げると、
その威厳にすっかり圧倒されてしまいました。
あー、ありがたや、ありがたや。



宮島は広くて、じっくりと1日いられる素敵なスポット。
焼きたてもみじ饅頭を頬張りながら、古めかしい町屋通りを歩くのは良いですよ。



世界へ飛び立つ前に、思いがけず日本の名所を観光でき、ラッキーです。

感謝します。


↓↓↓ ノーモアヒロシマ!な人はクリック ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今度は広島へ

by shingo
<今日はこんな日>
・池袋で買い物(電熱コイル、地図など)
・池袋で家族集合
・21:00 新宿からきらきら号で広島へ出発
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日亡くなったみゆきの親戚の納骨をするため、広島へ行ってきます。
もう川越には帰ってきません。
広島から直接関空へ向かい、そのままオーストラリアへ飛びます。

ということで、札幌から帰ってきてから、大忙しでパッキングしました。

あー、なんでいつもこうなんだろう。

しかも、これまでの教訓を生かし、持っていく物を数々減らしたはずなのに、
終わってみればカバンはやっぱりパンパン。

こればっかりは性格なんでしょうね。


そして、飛行機嫌いかつ仕事の関係上、めったに遠出の旅行はしないみゆきの
両親を連れての広島への旅路は、準備からして大変でした。
でもきっと楽しいことでしょう。
急遽決まったことだけど、こちらの家族とも旅行ができる良い機会となりました。
少し早く旅が始まったようなもんですしね。

飼っている犬は病院でお留守番。
じゃあね、めそちゃん。
次に帰ってくるまで元気でね。

(↓は大好物のきゅうりを鼻にのせられて従順なめそちゃん)




↓↓↓ あっちで働きアリにでもなってこい、という方は応援クリック! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

<< | 2/4PAGES | >>