順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

今日も移動、南アからレソトへ

by miyuki
<今日はこんな日>
・警察署の前で6時半に目覚める
・8:35 トランスラックスのブルームフォンテン行 実際は9:00発
・15:30 ブルームフォンテン到着 タクシーでミニバススタンドへ
・ミニバスでマセルブリッジへ 16:00発17:00着
・徒歩で国境越え。国境からシェアタクでマセル市街へ
・宿に向かう途中、暗くて道に迷いおばちゃんポリスに送ってもらう
・Angrican Training Centre 5人部屋ドミに2人で泊まる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

朝弱い私たちだけど、寒さで6時半に起床。
今日も引き続き移動日で、南アフリカの中にある小さな国「レソト」に向かうため、ブルームフォンテン行きのバスを探した。

昨夜のがらんとしたパークステーションとは違って、人通りが多い。
ヨハネス市街でも1、2を争うほど危険といわれる地下鉄ヨハネスブルグ駅と繋がっていて、通勤でここを通る人がたくさんいるのだ。



昨日の夜パトロールしてた警察は、「パークステーションの中は安全」と言ってたけど、これだけたくさんの人が自由に行き来できるのに、その自信はどっからくるんだろうと思ってしまう。
だって、バスチケットを買ってバス会社のラウンジにいても、誰だってラウンジの中に入ってこれちゃうし、物乞いだっている。
噂では、覆面警察がそこらじゅうに潜んでいるらしいので、警備体制としては万全ということなんでしょうが。
とにかく、バスに乗り込むまで安心できない。

希望どおり朝早い時間帯のバスが見つかり、ブルームフォンテンまで6時間。
さらにミニバスに乗り換えて2時間半でようやくレソトの首都マセルに到着。
すでに外は真っ暗でろくな夕食はとれなかった。


ブルームフォンテンのミニバスチケット売り場。動物園みたいな鉄格子。


レソト国境ゲート

ジンバブエのハラレを出てからもうすぐ丸3日が経とうとしている。
久しぶりに今晩は宿のベッドでぐっすり眠れそうだ。


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック