順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

初の中国寝台バス移動

by miyuki
<今日はこんな日>
・11;20(北京時間) 敦煌着
・飛天賓館泊
・隋さんのとこでメシ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日から今日にかけてトルファンから敦煌へ寝台バスで15時間の移動。
インドで何度か乗った寝台バスはけっこう快適で気に入ったので、中国の寝台バスにもとても期待していた。

到着したバスに乗り込むと、入口でビニール袋を渡された。
車内は「土足禁止」で、自分の履物をビニールに入れるのだ。

横3列×縦7列の2段式の42ベッドで、インドの寝台に比べると少々狭苦しい。
シーツがひかれ、枕と布団がついている。
ベッドのサイズはけっこう小さくて、幅も狭いけど、足が伸ばせるだけいいわ。
頭の部分が少し高くなっていて、見ようによれば全員が入院患者にも見えなくもない。

それはまるで“走る入院病棟”。



でもね、ほとんどの窓が開かないのよ。
窓からポイ捨てさせないためでしょうか?
これが悲劇のはじまり。

トルファンの夏は中国一暑い。
日中は40度越えが当たり前だし、完全に暗くなるのは22時すぎ。

20時半に出発したこのバスはまさにサウナ状態で、みんな汗だくなわけ。
寝る前から、背中びっしょりで寝汗かいたみたいになってるし。

そして恐れていたことがー。
近くにいたおっちゃん、足臭すぎ!!
みんな靴下なもんでね。噂には聞いてたけど、キツイっす…。

それにどこからともなくオナラのニオイが漂ってくる。
生理現象だから仕方ないけど、窓が開かないのよ!このバスは!!

そしてやっぱりいたタバコを吸いだすオヤジ。
禁煙なのにお構いなし。
通路にいくつも置いてあるゴミ箱は使わず、足元には好物のひまわりの種を
食い散らかしてるしー。

列車の乗務員のように厳しく怒る人がいないとダメなのね。
バスのマナー向上にも力を入れてほしいものです。

日が暮れて、涼しくなってきた頃、迷惑なおっちゃんたちも降りてくれて
その後は快適快眠。
やっぱり寝台バスは足が伸ばせて楽ちん♪

日本は安全面が問題で寝台バスがないんだろうけど、どんなにいいシートで
リクライニングをうたってても、足が伸ばせる寝台バスにはかなわないや。
日本にも寝台バス、走らせてほしいなー。




↓↓↓ 中国のオリンピック成功を祈って1クリック! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
きれいな寝台。ボロくても窓開いたほうがいいわな。。

糖醋猪肉はもう食べた?やっぱり中国は豚しゃんがおいしいよね〜。前菜の涼バン黄瓜は絶対欠かせないわ〜。
おやつにDOVEチョコと、スイカバーも(味も見た目も日本と同じ)おいしいよ。

数あるカップラーメンの中から今麦郎をチョイスした私たち姉妹って。。。今麦娘と書いて今麦っこと読ませるカップラーメン二人で作ろうか。
  • みちえ
  • 2008/07/07 12:27 AM
>みちえ
そうそう、寝台は多少ボロくても窓開いたほうがいいわ。
足臭いの超勘弁だよ!

糖醋猪肉食べてないや。明日探してみる。
本当豚がうまいよね。中国でそういや鶏食べてないなぁ。
バンキュウリは好きでよく食べてるよ。
今日は泥(にんにく)キュウリ食べた。うまかったー!

本当、あの数あるラーメンからチョイスしたラーメンが
かぶるってすごいね(笑)
あさっての移動にもカップラーメンお供しなきゃ。
  • みゆき
  • 2008/07/07 9:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック