順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

英語でテレアポ体験

by shingo
<今日はこんな日>
・英会話最終日(しんご)
・そしてチェンマイ最後の夜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日をもって英会話レッスンが全て終わった。
チェンマイに長期滞在した目的の一つ、これにて終了!

さて、英語は上達したんでしょうか??

うん、したした絶対!

1日たった90分とはいえネイティブスピーカーとみっちり会話する機会なんて、いくら旅行中といえどもなかなかないし、発音や表現がおかしかったらすぐに訂正してくれる。

嫁の方も、英語が苦手だからといって英語でのやりとりはこれまでほとんど僕に任せっきり。
そんなんじゃいざという時困るでしょ、ということで半ば無理やり通わせたけど、彼女の方も少しは英語アレルギーが和らいできた様子。
1ヶ月の滞在で話せるようになんてハナから期待してませんから、これで十分!

僕の方は、基本的な文法はだいたいわかるので、より実践的なレッスンがメイン。たくさんのスラングを初めとして、フォーマル&インフォーマルな表現の違いや、ナチュラルな話し方、初対面での会話の進め方などを習った。

面白かったのが、英語でのテレアポ体験

僕が通っていた英会話学校は、アメリカの企業と提携してアメリカ国内へのテレアポ業務を請け負っていた。

つまり、学校側がタイ人のEnglish Speakerを雇い、米国企業から渡されたリストに沿って新規ビジネスへのアポをとりつけるための電話をするという業務を行っているわけです。

僕もこのテレアポにチャレンジしました。

一応マニュアルがあって、マニュアルの通りに言えばいいとは言われてたけど、そんな簡単にいくわけないし、見ず知らずの人にいきなりそれも英語で電話するなんておっかないおっかない。
自然な話し方ができるように何度も繰り返し練習しました。

先生のジェームスは、
「電話の先はまだ顧客にもなっていない人だから失敗しても大丈夫!」
なんて他人事のように言ってて、とにかく恐れずやれといわんばかり。

ちなみにこれ、電話の相手には「アメリカのダラスから電話しています」と言うことになっていて、僕の名前も「しんご」なんて聞き慣れない名前だと相手が身構えちゃうから、「DAVID(デビッド)」でいけ、との職務命令。

というわけで、生粋の日本人デビッド(本名しんご)が、
テキサスはダラスから(本当はタイ・チェンマイから)、
アメリカ全土へ向けてカタコト英語でテレアポ開始!!

デビ「ハロー、○○さんはいますか?」
相手「%□$#*▲@>¥」(リスニング不能)
デビ「ソ、ソーリー?」
相手「◆@*£#★△$#」(リスニング不能)
デビ「(汗)えーと、えーと、・・・・・」(超困惑)
相手「・・・、ガチャ、ツーツーツー」
デビ「・・・。」

ダメだ全然できてねーー!

スカイプの電話だったから音質が悪いのもあるけど、
やっぱりいきなり知らない人との生電話はムズい。
こっちはジェームスに電話のやりとりを悟られないようにするので精一杯。

ジェームス「シンゴ、どうだった?」
し「ジェームス、相手はどうやらこのビジネスに興味がないみたいだ」
ジ「そうか、じゃ次だ、次っ」

とまあ、こんな感じでしばらく電話してました。
そしたらなんと奇跡が!
10本目くらいでアポが1本とれちゃった!

今までセールスもテレアポもしたことないから、人生初のアポゲット

マニュアル完全無視でいったのが功を奏したのか、
そのときだけはやりとりがとてもスムーズにいったんだよね。
電話の向こうの顔も知らぬカリフォルニアの青年よ、ありがとー!

本当に自分の英語でとれたんだろうか??
今でも不思議でならないが、なんだかとても嬉しかった。

それにしてもこんなに自分ができないとは。

いくらマニュアルがあるとはいえ、それを言う流れにはまずならないし、
中には、「本人が留守だからメッセージをよこせ」などと
デビッドにはまだ早い超上級テクを無遠慮に要求してくる人もいる。

当たり前だが年齢や性別や地域によって全然声色や話し方も違うからまさに実践的。
何はともあれこれは良いトレーニングでした。

チェンマイでの英会話レッスンは二人にとって非常に有意義だったと思います。
英語に対する姿勢が少しは前向きになったんじゃないかな。
これからどの国へ行くにも必ず英語は使います。
もっと使えるようにならねば!!

ないと生きていけません。だって僕らウズベキスタン語やアルメニア語なんてしゃべれませんもん。日本語わかる人より英語わかる人のほうが絶対多いんだから、できないとダメ、絶対。(by 前園)

そんなこんなで、明日チェンマイを出て31日、インドに入ります。

やっべー、インド人英語のレッスンするの忘れてた!!
(注・インド人は非常に特異な英語を話します。)

左からゴフ、デビッド、ジェームス


↓↓↓ そのクリックが世界を救う ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
しんちゃんえらい。どこに行っても勉強してるんだね。
二人とも体には気をつけてねー。
  • ユーシロ
  • 2008/01/30 9:55 AM
インドやバングラディシュでも鳥インフルエンザが広がってるらしーよ。
二人とも体には気をつけてねー。
  • ユーシロ
  • 2008/01/31 11:14 AM
今ごろコルカタですねー。無事到着しましたか?
みゆきさんもその後体調よろしいですかー?移動続きだとけっこう体力消耗しますからね。
私達はアウランガーバードに着いて、また二人で倒れましたよー。埃っぽい土地と、何より食事。。。インド料理は飽きてしまうし、インド以外の料理はちょっといまいちな味で、おかげでまたも長期滞在です。
それでもインド、面白い!
コルカタレポ、楽しみに待ってまーす。
  • タク&ナオ
  • 2008/01/31 8:27 PM
>ユーシロおじちゃん

いえいえ、日本じゃ勉強してなかったですよ
短かったですが久々に学生気分の毎日でした

>タク&ナオさん

もう体調は大丈夫ですか??
みゆきの体調は一日で回復、本人はナオさんの話を聞いて病院もいいかもなんて思ってたようですが。。

昨日僕たちもコルカタ着きました!
思った以上に寒いです、寝袋が手ばなせません。
外は車がビービー、人がワーワー、やっかましいですねー(笑)
いやー、チェンマイがなんと快適だったか!
でも、僕たちもインド好きです。
遺跡巡り楽しんできて下さい!
  • しんご
  • 2008/02/01 5:33 PM
さらばチェンマイ!
そして、こんにちわインド!
インド入国の壁はどうだった?
チケット事件からして、インドはすごい冒険になりそうだね!

でも大丈夫!チェンマイ英会話で、インド克服!!
行け!みゆき!! 行け!デビット!!
  • ゆかりん
  • 2008/02/01 7:25 PM
>ゆかりん
コルカタは2人とも初めてだったんだけど
入国難なくクリア!デリーはうざい人多かったけど
こっちは平気!
それにしてもコルカタは汚くてうるさくて日本人が多いよ!
あと数日過ごすつもり。でも楽しい。
タイの平穏な生活とは大違いだけどね。
ゆかりんも今年のロングバケーションはインド来ちゃえば??
  • みゆき
  • 2008/02/02 2:51 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック