順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

美術館→動物園→博物館

by miyuki
<今日はこんな日>
・チャプルテペック公園を堪能
・ゴリラに見つめられる美由紀。
・人類学博物館でユウくんと偶然再会
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は美術館、動物園、博物館を一気に観光しました!
全てチャプルテペック公園内にあるので効率的です。

まず最初に向かったのは近代美術館
ここにはフリーダ・カーロの「2人のフリーダ」があります。
心配していたヨーロッパ遠征も、こちらは大丈夫でした。


昨日フリーダ・カーロ美術館で見た作品よりも遥かに大きく、迫力が感じられます。
フリーダの作品は自画像が多くて、写真を見ると本物そっくり。
眉毛が繋がっていて、女性なのにヒゲがあるところまで忠実に描かれています。


「2人のフリーダ」(1939年)


フリーダの作品は胎児とか血が描かれているものが多くて、「生と死」を連想させます。

この「2人のフリーダ」は手を取り合って血管と心で2人は繋がっているのですが、
よーく見ると青い服のフリーダの手の中には夫のディエゴ・リベラが描かれていて、
白い服のフリーダは血管がハサミで切られ、心臓が干からびています。
ディエゴ・リベラとの離婚がこの絵の背景にあるとも言われています。


美術館をあとにして、次は動物園へ。
ここの入場料はなんと無料!

そのわりにはちゃんとした動物園で、フードコートにはマクドナルドやドミノピザ、タコスのTacoInnなど大手チェーン店が入っていてビックリ。
しっかりテナント料をもらってるからタダで運営していけるんだね。

でも、タダにも限界があるようです。
動物の名前が書いてあっても動物がいない檻が多かったり、
ガラスが反射しすぎて檻の中が見えなかったりと、
不十分なところも多々ありました。


しかも、一番見たかったパンダの檻が一番見づらかった!見てコレ。


反射した自分の姿が一番よく見えます。


ガラスが反射しすぎる上に、磨かれてなくて余計見えないから、
パンダの存在自体に気づいてない人も多いかもしれません。

動物園のガラスって今まで気にしたことなかったけれど、
こんなに見えづらいガラスを使っている動物園ってそうそうないと思う。

どうやらこの時はたまたま檻の中の電気が消されていたので余計に見えなかったみたい。パンダがもっとこちらに寄ってくれれば見えるかもしれないけど。


オランウータンもすごーーく大きくて、ガラス越しに見えるものの
またしても残念なガラスのせいでこのとおり。




「まぁ、タダだから文句言えないかー。」

と、何度もこのセリフを口にしました。


一生懸命お食事中の5人組ビーバーちゃん。
懸命にとうもろこしを食べてる姿がとてもかわいい。




鳥コーナーはかなり満足しました。
南米のカラフルな鳥や珍しい鳥が多くて、距離が近いのが嬉しい。




大好きなトゥカンも超至近距離。
パパイヤでクチバシがベトベトです。




動物園を観終え14時。
まだまだ今日は歩くのです。続いて国立人類学博物館へ。




1階の古代文明コーナーは展示が多く見応えがあるのですが、とにかく広い!
正直だいぶお腹いっぱいになります。

 
手足が短いユニークな土器が多い



デュエット?スケート?



お風呂でしょうか


2階はメキシコ各地の民族紹介。




2階にあがった時点でもう足はパンパン。
今日は本当に歩いた。最後の力を振り絞っての見学です。

私は断然土器より民族衣装に興味があるので、先に2階を見て周ればよかったと後悔。
ビーズで作られた可愛いウイピルが飾られていたのですが、こんなウイピル着てる人、まだいるのかなぁー。




この博物館では偶然にも中東友達のユウくんと実に8ヶ月ぶりに再会。
ハードな一日もこの嬉しい再会のおかげで疲れが癒されました。




↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
頑張れあと10日分、でもあまり無理しない!
  • ひらぎし
  • 2010/07/17 10:48 PM
>ひらぎしさん
明日ロスから飛行機乗ります。
飛行機の中でがんばって書きます!

一度日本飛び越えて、上海経由なので
おいしい中華食べてから帰ります。
24日札幌行きが楽しみです♪
  • しんごみゆき
  • 2010/07/18 4:11 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/07/19 4:14 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック