順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

グアテマラ最大、サンフランシスコ・エル・アルトの金曜市

by miyuki
<今日はこんな日>
・サンフランシスコエルアルトの市に行く
・みゆきがものもらいになる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

金曜日の今日はサンフランシスコ・エル・アルトの市へ。

グアテマラ最大規模の市で、目玉は家畜市
だだっ広い広場に、たくさんの動物と人々が集まりすごい賑わい!

先日行ったパレスティナ・デ・ロス・アルトスの家畜市とは比べ物にならないくらい大きな家畜市です。




ブタや牛だけでなく、ウサギ、犬、猫、アヒル、七面鳥、鶏などが売られていました。


子犬はたぶんみんな雑種で、1匹35ケツァール(380円)とお買い得!
日本のペットショップのワンコと値段が違いすぎますね。




ネコと鳥を一緒に売ってるところがおもしろい。




私たちのお気に入りはなんといっても子ブタ!!
この市で一番人気は間違いなく子ブタでしょう。





寝顔がとても可愛い


面白かったのは、豚の歯並びチェック
いい豚は歯並びがよくないといけないらしい。

子ブタの値段交渉が済むと、最後に歯並びをチェックします。

どこからともなくブルーシャツの歯並びチェック屋さんが現れ、
大暴れで抵抗しまくるブタを力づくで抑えつけて歯をチェック。

「ブヒーーッ!」


歯並びチェックに必死に抵抗する子ブタ


「ブヒーーッ!」


「ほれ、歯並びいいだろ?」 「そうね。このブタ買うわ」


このときのブタの暴れ方は尋常じゃありません。
買われることを完全に悟っているのでしょう。
これで兄弟ブタとも離れ離れです。


次は我が身、と身構える子ブタ


買い手のおばちゃんに口の中を見せて、確認がとれたらお支払い。

ちなみに歯並びチェック屋のチェック料は1回につきQ2(22円)でした。

こんなにブタを買う人が多いのに、歯並びチェック屋はあまりいないようで、
ブルーシャツのおじちゃんは大忙し!一人でフル回転してました。


子ブタを買ったら、それを持ち帰る姿もおもしろい。

袋に入れて持ち帰る人もいれば、


袋に入れる瞬間


こうしてハンドバックのように小脇に抱えて持ち帰る人もいたり、


赤ちゃん+子ブタのハンドバック


犬の散歩のように胴輪をつけて、歩いて帰る人がいたり。


行きたくないブー!!


これほどまでに一般主婦がどんどんブタを買い込んでいく姿はとても壮観。
ペットではなく、あくまで家畜なので、いかに可愛くとも情を移さず強引に持ち帰ることが必要なのでしょう。


そうは言ってもやっぱり可愛い


生鮮食品や衣料雑貨などを売る市も規模が違います。

一度買い損ねたら、同じ店に戻るのは至難の業、まるで迷路のよう。
喉から手が出るほど子ブタが欲しかったけど、さすがに日本には連れて帰れないので
中米らしい布を数枚買って、市を後にしました。





↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
面白いです。
日本ではありえない光景。
ブタをハンドバッグのように持ち歩いたり、
袋に入れたり・・
380円はお安いねっ♪

みゆきさんのものもらいが早く落ち着きますように。
布可愛いです。
この布も日本で座布団に変身かしら♪
  • waka
  • 2010/07/13 10:00 PM
>wakaさん
日本にも家畜市あるといいのにって本当思います。ペットショップより全然いいですよ。

ものもらい、グアテで眼帯買ったんですけど、海賊みたいに真っ黒で。
おもしろすぎてブログに載せられませんでしたー。

中米で買った布たちは何に変身させようか考え中です。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック