順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

6ヶ月間失踪中だった郵便物の行方

by miyuki
<今日はこんな日>
・空港からセントロへ向かう
・W杯、日本勝利
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年末、グアテマラのシェラから航空便で送った13kgの荷物。

メキシコとグアテマラで買ったお宝が詰まった荷物が一向に届かない。

発送時には1ヶ月で届くと言われたのに、届かない
グアテマラから送ったことのある友達は2週間で届いたというのに、届かない

私たちの荷物だけが、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・といつになっても、届かない


今まで海外から送った荷物は航空便も船便も無事に届いているし、
まさか自分の荷物が行方不明だなんて考えたくもない。

3ヶ月経っても届かないので、シェラでお世話になった日本人宿TAKA HOUSEのタカさんに相談をしたのが3月。
タカさんは私の代わりにシェラの郵便局に出向いてくれて、調査を依頼してくれました。

でも、なんたってここはグアテマラ。
日本のような迅速な対応は期待できません。


仕方なく日本の郵便局からも調査請求とやらをお願いして、
日本郵便からグアテマラ郵便に調査依頼するよう、手配しました。

これは日本の受取人が依頼すれば、どこの郵便局でも受けてくれるそうです。

案の定、グアテマラ郵便から日本郵便への回答はなかなか来なくて、
依頼して2ヶ月経ってようやくグアテマラから日本に届いた回答は、

「昨年12月29日にグアテマラから発送しています、あとは知りません」

とのこと。

日本郵便曰く、グアテマラからこう回答が来てしまったら、
もうどうすることもできないんですって。

ガビーーーン!

私たちのお宝ちゃん、どこへ行ってしまったの・・・。


この回答と同じ頃、タカさんから驚くべき嬉しい知らせがありました。

なんと、グアテマラシティの本局で荷物が見つかったとのことです。
何らかの原因でグアテマラからの発送が止められているということでした。

グアテマラシティで止められているのに、「年末に発送している」という回答を
平気で日本に寄越してくるなんて、なんといい加減な!!!


タカさんは用事のついでにと、先週グアテマラシティの本局にも出向いてくれました。
それから1週間後の昨晩、私たちがグアテマラシティに到着しました。


普通の旅行者は、治安の悪いグアテマラシティをさっさと飛ばして、
隣町のアンティグアに行きますが、私たちは郵便局の本局に行かなければなりません。

安宿街も郵便本局も、治安が特に悪いソナ1というエリアにあるので、
くれぐれも細心の注意を払って行動しなければ。


どの店もこんな感じでアフリカみたい


グアテマラシティに降り立たなければいけないのは不運でしたが、
ちょうど今朝の8時からサッカーワールドカップの日本戦があったので、
タイミングよく宿のテレビで観戦できたのはラッキー。

一日ずれてたら、飛行機の中でしたよ。


日本のカメルーン玉砕を見届け、本局へ向かいます。
スペイン語辞書で使いそうな文章や単語をメモり準備を整えていざ出陣!

ナメられないよう、最初から厳しくいかないとね!なんて夫と話していたのに、
タカさんが本局に出向いてくれていたおかげで話がすぐに通りました。

どうやら本局ではなく空港に近い物流センターに保管されているとのことで、
タクシーを飛ばしてソナ12エリアへ向かいました。
グアテマラシティはとても広い。


FEDEXやUPSなど大手物流会社とともに居を構える物流センターは、
セキュリティ万全で立派なオフィスビル。

言われた時間に担当者を訪ねると、すごく感じのいい爽やか笑顔の担当者が現れ、
グアテマラっぽくない、きちんとした対応をされ、正直ビックリしました。

担当者の話では、空港でのX線検査で怪しいものが映ったため、
発送されずに止められていたとのこと。

ん?果たして中身の何が問題だったのでしょう??
私たちには皆目見当がつきません。


しばらくして台車に載せられて荷物が運ばれてきました。

「あったー、あれだ!」

二人とも喜びが隠し切れませんでした。
紛れもなく目の前にあるのは、6ヶ月前にシェラの郵便局から出した荷物です。

ほとんど諦めてかけていたのに、奇跡です。


荷物はてっきりすでに開封されていると思いきや、まだ未開封。
空港側の検査で引っ掛かったため、郵便担当者は何が怪しく映っていたのか、
真相を全く知りません。

“問題の”荷物の開封を見届けるため、ぞろぞろと他の関係者もやってきました。


大人数に囲まれていざ開封!


箱から全ての品物を出して、犯人探しが始まりました。


「もしかして、これじゃない?」

最初に容疑者Aにされたのは、



チチカステナンゴで買った猿のお面

なぜこれが怪しいのか、生き物だとでも思ったのでしょうか。


次の容疑者Bはカメラの防水ハウジング
ボタンの部分が銃弾に見えるそうです・・・。


そして容疑者Cはパソコンのバッテリー!
こんなの入れたことすら忘れてました。

これは確かに拳銃に見えなくもない。

いや、見える。






間違いなく、これが引っかかったに違いない。

アイタタタ・・・。


郵便局スタッフも容疑者ABCをデジカメで撮影。

私たちは引っかかった可能性の高い容疑者BとCを取り出し、
残りの品物を再び発送するようお願いしました。

これで6ヶ月の月日を経てやっと日本へ発送されることになりました。


出したものをまた詰めるしんご



半年ぶりにご対面したお宝、いざ日本へ!


それにしても、問題が起こったのはいいとして、
何の連絡もなくてこちらから何度も催促するまで3ヶ月以上ずっと放置ってどういうこと?

私たちは元々グアテマラに戻る予定だったから良かったけど、
戻って来れなかったら間違いなくお蔵入りしてたことでしょう。

日本から出した調査請求に対しても全くのいい加減な回答だったしね。
いっぱい文句言いたかったけど、スペイン語の壁がね・・・。

まぁ、ほとんど諦めてたモノが戻ってきただけでも、良しとするか。
まさにグアテマラの奇跡ですね。

1年前のバンコクの奇跡を思い出します。
(お忘れの方はこちら


そして1週間後、無事日本に到着したと連絡がありました。

めでたし、めでたし。



↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
これは嬉しいですね!
粘った甲斐がありましたねぇ。
僕はキューバから出したハガキが届きませんでしたよ。なぜかわかりませんが悲しいです。

国際郵便はリチウム電池がNGだったような気がするので、もしかしたらそれかもしれませんね。そこまではチェックしてないか。
お久しぶりです!タカハウスで一緒だったゆみです。
ブログ読ませてもらいましたよ〜。大変でしたね。私もあの時一緒に荷物送るつもりが時間なくって送れなかったんだけど、ガテから荷物送らなくってよかったです。(笑)
でも無事荷物見つかってホント良かったですね。6ヶ月間失踪中で見つかったなんて奇跡的です!お疲れ様でした。:)
  • yumi
  • 2010/07/08 7:26 PM
すごい!!すごい奇跡ですね。
戻ってくる予定がなかったら手元に届かなかったお宝。
最後の2人の笑顔、ほっとした笑顔ですね♪♪
バッテリー、確かに拳銃に見える(笑)
13Kgの中に可愛い雑貨がたくさん入ってそうです★帰国して開けるのが楽しみですね♪

めでたしめでたし〜(^^)
  • waka
  • 2010/07/08 8:58 PM
>ナガモ氏
あの荷物は私の旅行中のNo.1のお宝が詰まっていたのよ。
日本でバッテリーをリサイクルしなきゃって思って入れたのよねー。
結局タカハウスで処分してもらいました。
キューバから送る荷物は激安っていうけど、1/3の確率で届かないらしいからね。
でも、ハガキくらいちゃんと届けてよねぇ!!キューバの切手かわいいもんね。

>Yumiちゃん
そうだったね。ゆみちゃんもあの時シェラから送る予定だったんだもんね。
まったく参ったよ〜。でも見つかってよかった!!
海外から荷物が届かないって、全部が全部盗まれてるわけじゃなさそうね。
私みたいに放置ってのも多いんだろうなー。

>wakaさん
確かに、見れば見るほど拳銃に見えてくるんですよね~(笑)
中米は買い物の宝庫だったので、あれが紛失するなんて考えたくなかったです。
もし本当になかったら、同じもの買い揃える覚悟でしたから(笑)
日本は郵パックの遅れのニュースが最近あったけど、届かないよりは全然マシですよね!!
ふたりの運のつよさはすごい

いま グアテマラのコーヒーかってのんでるんだけど ココアみたいに濃厚でおいしい
  • みちえ
  • 2010/07/10 1:04 PM
>みちえ
荷物の件、お世話になりました。
ありがと!
この旅中、いろんな国でコーヒー買って日本に送ったから、帰国したら飲み比べですな。
こんにちは。見つかって良かったね。
わたしはメキシコ宛の郵便荷物が半年たっても見つからず、あげくもう捜索期限切れらしいです。
半年が荷物の捜索期限と言うのは聞いてなかったし、紛失なら紛失のと連絡をして紛失時の場合の手続き方法を教えててほしかった。なのに!何度か郵便局に足を運んでたにも関わらず荷物は日本国内では確認出来ないの一点張ばり。なんならお客さんの方でメキシコ郵便局に直接聴いてみたら?と言われた。最悪!二度と頼みたく無い!
  • miko
  • 2017/05/24 3:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック