順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

ナマケモノ、ありがとう!

by miyuki
<今日はこんな日>
・6:30 起床 大雨
・川をひたすら上る、キツそう
・16:00 ラグーナスに戻る
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おととい寝る前に暗闇の中、カヌアに乗ってワニ探しへ行ったのですが、
2時間ぐるぐるまわっても結局ワニは見れず終いでした。

雨期で水かさが増し、森の奥のほうにワニが潜んでいるので
川からは見つけることができないということです。

ボリビアのパンパにはあんなに沢山いたのに、ペルーのジャングルでワニが見れないこともあるんですね。
まあボリビアで見たのでそんなに残念でもなく、自分たちはすっかりワニのことなんて忘れていたのですが。

P1220610.JPG


これがガイドの執念か、ワニが見れないことを私たちが残念に思ってると思って、
夜中にたまたま見つけた子ワニを袋に入れてとっておいてくれました。

私たちと対面したこの子ワニちゃんは、この後すぐに川に放してあげました。


さあ、いよいよ今日はツアー最終日。

なんとしても帰るまでにナマケモノに会いたい!

すると朝食時に話した別グループのイギリス人が、

「昨日ナマケモノがいたよ。君たちも見れることを祈ってるよ」 と言う。

なんですって!?ナマケモノがいたなんてー!
私たちにも見込みがあるってことね。


期待に胸膨らませカヌアに乗ります。
あとはひたすらラグーナスに向かって上流へ進むだけ。

でも、やっぱり上りはキツそう。
20年のベテランとはいえ、きっとしんどい仕事だろうなー。


ロヘリオ推定60歳


出発してすぐ、遅咲きの新人ダンテがなんとナマケモノを発見!

おぉ!奇跡だ!ミラコー!!

てっきりカヌアからは見えない森の中に潜んでいると思ってたので、
あのイギリス人は特別運がよかったんだろうな、なんてネガティブに考えていたけど、
まさかこんなにすぐに出会えるとは!

川沿いの背の高い木のてっぺんにのら〜り、くら〜り。

P1220641.JPG


双眼鏡を覗くと、小さくて丸い顔がとても愛くるしい。

P1220641_02.JPG


念願のナマケモノを見れたので目標達成です。やったー!


DSC_4297.JPG
おもしろいスタイルの木


その後も立て続けに今度は夫がナマケモノを発見!

「えっ?どこ?」と周りをキョロキョロする老兵、ロヘリオ。

彼はカヌアを漕ぐことに一生懸命で、もはや動物を見つける余裕がなくなっていたようだ・・・。

そういえば、動物を見つけるのはダンテの方がいつも早い。
ボートの進みは速いんだけど、肝心の動物を見つけられないでどうするよ?
ベテランガイドさん!

やっぱりガイドといえど、すべてを信用するのはダメね。
ちゃんと自分の目でも探さないとね。最終日にして気づきました・・・。


P1220716.JPG
飛ぶと羽の裏がブルーでとてもきれい蝶好きな人もジャングルを訪れる価値あり!






次は巨大な毒グモを発見!
ロヘリオはタランチュラだというけど、タランチュラってもっと足が太くてもっさりしてなかったっけ?

P1220726.JPG
ガリガリタランチュラ


3泊4日のジャングルツアーは、私たち夫婦にとって人生で一番優雅で贅沢な時間を過ごせました。
まさかこんなにカヌアが快適だとはね。

DSC_4305.JPG


動物は高〜い木の上や、カヌアから見えないところにいたりするので動物を間近で見ることは難しいけれど、カヌアの上でなんともいえない静寂な時を過ごせただけでも、このツアーに参加した甲斐があったと思います!

P1220635.JPG


私たちはラグーナスでツアーに申し込みましたが、近郊のユリマグアスやイキトスからももこのパカヤ・セミリア国立公園のジャングルツアーには参加できます。

聞いた話では、ガイドの中には、客に動物を間近で見せようと、
高い木に止まるオウムを銃で撃ち落としたり、
ガイド自身が木に登ってナマケモノをひきずり降ろすといった、
何にもわかっちゃいない、超ドあほガイドもいるらしく、とても残念です。

これからジャングルツアーに参加する人でガイドがそういう行為に出たら、
ぜひ雷を落としてやってください!!
大きめのを、ガツンとね!!

P1220659.JPG
トゲトゲの中にトカゲ


うちの二人はでこぼこコンビだけど、そんなヒドいことはしませんでしたよ。
ロヘリオ、ダンテ、ありがとう!




↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
なまけものとパンダは最高にかわいいと思う。そっちのほうになまけものの保護区があるときいたことがあるが。
なまけものはうんちをするのに命がけらしいよ。
だれかさんみたいだね。だれかさん。
  • michie
  • 2010/06/24 12:39 AM
>michie
保護区はイキトスからのジャングルツアーに含まれてるみたい。個人でも行けると思うけど行かなかったんだよね。抱っこできるという噂。
うんちやおしっこの時だけ木から降りるから命がけなんだってね。それ以外はずっと木の上。いいね、そんな生活。
野生のナマケモノにトゥーカン、むちゃむちゃ羨ましい!やっぱりルレのツアーで見れる動物や自然とはまた違う感じだね。

どこかでグアテマラに生息する野生のしんご&みゆきを発見せねば!でももうちょっとアンティグアにいようかな。やっとビール飲める体になったので。
  • ガク
  • 2010/06/25 12:50 AM
>ガク
ボリビアとは動物も鳥も植物も全然違ったよ。
同じペルーのジャングルでも進めば進むほどいっぱい動物見えるとか。
次もし行くなら1週間以上でもいいかも。
アンティグアはツーリスティックで町も整備されててきれいだけど、どことなくクスコの雰囲気に似ていて居心地よかったなぁ。
アンティグア楽しんでね〜♪
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック