順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

最後のトレッキング:ラグーナ・チュルプ

by miyuki
<今日はこんな日>
・5時半 起床
・チュルプ目指してトレッキング
・今日はよく歩いた
・夜行バスでトルヒーヨに向け出発
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワスカラン国立公園には日帰りでできるお手軽トレッキングから、
キャンプをしながら数日かけて歩く長いものまで様々なコースがあります。

私たちは昨日たまたま見た写真集がきれいだったので、
日帰りでも行けるチュルプへ行くことにしました。


ワラスから乗り合いバンに乗って30分。
山へ仕事に向かうおっちゃんと共に荷台に立ち乗りでガタゴト揺られながらユパへ向かいます。

P1220147.JPG


ここからチュルプへのスタート地点であるピテックまでひたすら登ります。
ただでさえ標高が高いのに、登り坂 + 石ころだらけ + 階段 ですでにキツい。

P1220148.JPG
すでにバテバテ


景色ののどかな田舎道で、たまに人や牛と会うくらいです。

DSC_4019.JPG
雲が重い!どっか行ってー!


ひぃひぃ、はぁはぁ、酸素くれ〜と登ること1時間20分。
ようやくピテックに到着。やっとスタート地点です。

DSC_3945.JPG
おじさんが石に座って待っています。


ここからチュルプまではさらに2時間くらい。

道が途切れても人が歩いた形跡を辿って行けるので迷わないし、
緑が案外多くて高山植物が咲いているので歩くのは楽しい。

P1220176.JPG
思えば遠くへ来たもんだ・・・


標高4000mでもこんなに植物が育つのね。
高度があがっていくと、さっきまで見られた花がなくなって新しい植物が現れる。

P1220207.JPG

P1220233.JPG


こんな標高の高いところを登るのは生まれて初めて。
少し足を前に進めるだけですぐに息が切れます。
でも私より夫のほうが今日は疲れていたかな。

P1220174.JPG


滝と川が現れたら、ここが分岐点。

スタートポイントの係員のおじちゃんのアドバイスでは、
滝の右側に沿って岩山を上がって行く方がいいらしいので迷わず右をセレクト。
どっちにしろ険しい岩山を登ることには変わりません。

P1220184.JPG

まさに“ファイトー!いっぱーつ!!”なロケーション。

滝の水しぶきで岩が濡れているから滑りやすく、岩にはつま先を引っ掛けるのがやっと。
落ちたらまっ逆さまに滝へ落ちちゃうから真剣、真剣。
しっかり岩を捕んでないと落ちちゃうぞ。

「写真なんていいから!」と夫に怒られながら、上へ上へと登ります。
これ、降りる時やばそうだなぁ。

P1220186.JPG


そして登りきるとあった、あった!チュルプ湖だ!
時折霧雨が降るほど空には分厚い雲があって、湖が陰ってしまっているのが超残念!

本当だったら写真集で見たような水色の湖が見えるだろうに。

DSC_3966.JPG


休憩を交えながら来ても、チュルプまで1時間半かからなかったので、
もうひとつ上にある小さな湖“チュルピタ”まで足を伸ばしてみよう。

チュルピタから見下ろすチュルプはどんな感じかしら?
氷河を上に見上げながら岩山を歩くこと40分、想像以上にきれいな水色のチュルピタに到着しました。

標高4600mにある氷河湖です。
う、美しいー!!!!

DSC_3994.JPG


天気が悪いし、チュルプをただ小さくしただけの湖を想像していたら大間違い!
いい意味で期待を裏切ってくれましたよ、チュルピタ湖!

歩いていると汗をかくほど暑かったけど、休憩で少し座ると一気に体が冷えます。
耳を澄ますと氷河の崩れる音がミシミシッ、ピキピキッ。すごい迫力。

最初はチュルプまでしか行く予定がなかったけど、チュルピタまで頑張って登ってきてよかった!
ここで食べたパンやバナナやみかんは本当においしかったなぁ〜。

DSC_4009.JPG
チュルピタから見下ろしたチュルプ


下山はもっと苦戦しました。
登りもキツかったけど、降りるのは恐いッ!
大きくてグラつく岩には要注意です。

DSC_4013.JPG


やはり一番過酷だったのは滝を降りる時。

P1220201.JPG
ペンギンの子供のようなかわいい鳥


私たちはトレッキングシューズを履いていたけど、それでも滑って尻餅つくことが何度かありました。特に私ですが。
チュルプとチュルピタは確かにガイドなしでも個人でトレッキングできるけど、
滝を登るときは特に足場が悪くて滑るのでスニーカーはかなり危険です。

標高4600mのトレッキングはとてもハードですが、
景色がとても美しく、登りきったときの達成感もひとしおです。
やっぱり来てよかったな〜とじんわり感じました。

これで心置きなく次の夜行バスでワンチャコ海岸へと向かえます。
いっぱい歩いてベッドに横になって寝たいところだけど、今晩は夜行バス。

4600mにいたのに、明日の朝には海にいるなんて。
上ったり下がったり忙しいなぁ。

P1220217.JPG



↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
みゆきちゃん、しんごくん、お久しぶり!
旅の最初、バリで出会ったゆかりです!覚えてる?
今、グアテマラなんだね。すごい!!この旅3年近く続けてるんだね!!感動です!
私は今、カリブ海の島国ドミニカ共和国に住んでいます!もし、お近くへお越しの際は、何もありませんが、ちょっくらリゾートでもしに遊びに来てください! では、グアテマラ危ないって聞くから、気を付けてね〜★

  • Yukarin
  • 2010/06/18 7:21 AM
>Yukarin
もちろん覚えてるよー!
ドミニカ生活はどうですか?もうスペイン語ペラペラなんじゃないの?
一時帰国を何回かしたものの、一応まだ続けてるよ。でも残り1ヶ月でおしまいだよ。
7月20日に帰国します。
これからメキシコにあがってロスから帰るの。残念ながらドミニカへは行けないけど、日本で再会できるの楽しみにしてるよー!
大きくぐらつく岩には要注意!!ですね。

たまに手を怪我する間抜けもいますからね。
  • sin
  • 2010/06/19 12:43 AM
>sinさん
あはは。そうだったー。
今でこそ笑い話だけどね。

怪我のあとパスー氷河行っちゃう懲りない人もいたなぁ(笑)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック