順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

ハバナ買い食い事情

by miyuki
<今日はこんな日>
・革命広場(内務省:ゲバラ、郵政省:シンフエゴス)
・コッペリアのアイスを食べる
・ホセ一家と海で泳ぐ。
・一緒に夕飯を、と家に呼ばれたがお金(5cuc)と言われ退散
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日ハバナに戻ってきました。

まだまだトリニダーで食べた特大ランゴスタの余韻が忘れられませんが、ハバナでは屋台生活に逆戻り。
旧市街に多い屋台なら人民ペソ(キューバ人用の通貨)が使えるから安く食費を抑えられます。
ハバナに着いた当初は食のバリエーションの少なさにげんなりもしたけど、軽食をいろいろ試すのもなかなかおもしろくなってきました。


こういう制服を着た軽食屋が多い


緑茶のような色をしたこの怪しげなドリンクはなんだ?


1杯1人民ペソ(約4円)


これはパイナップルジュースでした。
駄菓子っぽい味だったけど、まぁ飲めないことはないです。


私がキューバの屋台で一番好きでよく食べたのが、チャーシューバーガー。


1つ5人民ペソ(約20円)


塩とレモンのあっさりした味付けが◎。
これなら一度に2〜3個いけちゃうね。


新市街には、コッペリア社のアイステーマパークが。
大きな公園の中に、何店舗もの店がいろんな味のコッペリア社のアイスを売っていて、アイス大好きのキューバっ子でテーマパーク内はいっぱいです。




ここも2種類の通貨の店があるので、人民ペソの店を選べば安くアイスが食べられます。


アイス5つで5人民ペソ(21円)


おいしいけど、アイスクリームなのにクリーミーじゃなくて、サクッと食べた食感がシャーベットみたいでした。一昔前のアイスっていうのか… 。


相席で食べた1児のママは、スペイン語がまったくわからない私たちに自分のおもしろかった出来事を、一人で涙を流すほどひたすらハイテンションで笑ってしゃべるだけしゃべって帰っていきました。

こういう陽気なところがキューバ人らしくて好きだなぁ。

でも、そんな涙を流すほど楽しそうな話しぶりに、こちらまで涙がでるほど可笑しくなってきちゃうんですよね。

言葉なんて通じなくても気持ちは伝わるんだな、とひょんなところで勉強になりました。



倖田來未似のハイテンションなママと



↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック