順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

サンチアゴ街歩き

by miyuki
<今日はこんな日>
・サンチャゴ到着 暑い!
・フランクの家に宿をとる 猫が多い宿
・サンチャゴ散策 ・おねだりおばちゃんが多い。
・立ち飲みカフェが激安
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ハバナから極寒の列車に揺られて16時間、
キューバ第2の都市サンチアゴ・デ・クーバに到着しました。
あんなに寒かった列車内から一転、サンチアゴはめちゃくちゃ暑い!



サンチアゴの旧市街は、小さくてあっさり一回りできてしまうほど。
そして坂の多い街です。

街歩きをしていると、平日だというのに家の前にこうして座っておしゃべりを楽しむ人々が多く見られます。
隣人との付き合いが少なく、忙しない日本ではもうあまり見られない光景だけど、私はこういうのに憧れてしまいます。



キューバは食のバリエーションが少ないんです。
油っこいものが多いし、鶏肉や豚肉を使った料理が多いけど、味もなにかが足りないような。
ただ焼いただけ、揚げただけっていう料理が多い気がします。

屋台は人民ペソ(キューバ人用の通貨)が使えるので、フル活用!
人民ペソで払える店はセウセ(観光客用の通貨)の店より格段に安いから懐も安心。


焼いたチキンに揚げバナナ 20人民ペソ(80円)


サンチアゴ・デ・クーバは海が近いだけあって、珍しく魚フライの屋台がありました。



バンズからはみですぎの魚のフライ。一体なんの魚だろう!?
レタスやトマトが挟んであるともっとおいしいんだけどなぁ。
この国では野菜不足は免れません。ベジタリアンにはキューバ生活はなかなか厳しい気がします。


魚フライ5人民ペソ(20円)


物のある店には人がたくさん集まっています。
何を買うためなのか、それとも配給なのか。
社会主義をいまだに貫いている国なので、私たちが知らない事情もあるんだろうけど、隣国に比べてキューバは物が少なすぎます。




おばあちゃんにもよくおねだりされました。
インドなどの物乞いとは違って、深刻な面持ちで「お金をください」というのではなくて、「石鹸ちょうだい」とか「シャンプーが欲しいの」とか、かわいい笑顔で言ってきます。
こういうおねだりをされたのは、キューバが初めてです。


歩き疲れたら激安の立ち飲みコーヒーが一番!
エスプレッソは1杯なんと1.8円。
まさに駅の立ち食いそばのように、カウンターしかない店内で、コーヒーをクイッと飲んですぐ出るという簡単な店だけど、これがけっこう混んでて列ができているほど。
エスプレッソは、砂糖を入れて甘苦い感じにして飲むのがキューバ流です。





↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック