順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

ルクソールで"特大"尽くし

by shingo
 <今日はこんな日>
・10:20 ルクソール到着
・マックで特大タオルゲット
・カルナック神殿は見応えのある遺跡
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




カイロから夜行列車に乗り12時間、ルクソールに着きました。

2等列車でしたが、広々2列シートにエアコン完備で思ったよりも快適。
と、思いきや冷房が効きすぎで夜中は二人とも寝袋に入らないと眠れないほどの寒さ。
さらに前後左右の揺れも激しく、エジプト人ですら多くの人がコケてました。




さて、初日からしっかり観光。でも、その前に腹ごしらえ。

ルクソールではまずマクドナルドに行くと決めていました。

なぜかというと・・・これ!




マクドナルドオリジナルのエジプト限定特大バスタオル(長さ180cm)。
エジプト国内でもルクソール、ハルガダ、シャルム・エル・シェイクの3ヶ所でしか買えないということで、限定モノ好きのみゆきがずっと楽しみにしていたのでした。

買ったはいいけど、デカすぎる・・・。
ちゃんと持ち運んでくださいよ。


デカいと言えば、今日訪れたルクソール一発目、カルナック神殿のスケールの大きさにはいきなり圧倒されちゃいました。

まずは前方に配されたスフィンクスとともに立ち塞がる大きな塔門。



この門から奥へ入ると、ドドドーンと立ち並ぶ大列柱群が我々を激しく圧倒。



さらにその柱の一本一本、そして神殿を囲む壁には神々やファラオのレリーフが細かく刻まれていて、エジプト文明ならではの独特のモチーフが非常に興味深く、口をぽかりと開けて見入ってしまいました。








古代エジプトといえば、ヒエログリフという象形文字。

どのレリーフにもヒエログリフが添えられており、じっと眺めてると解読できそうな気分になってきます。よく考えると、僕のように絵心のない者には象形文字の時代は辛いですね。
だって、鳥の形をした文字にしても、カラスのような鳥、フクロウのような鳥、ツルのような鳥と色々あって、『絵が下手 = 字が下手』なわけで、いずれにせよ書くことで伝えるのは厳しいだろうなあ。
パソコンの時代に生まれてよかった。







3枚目はきっと、びっくりマークのモデルに違いない。


さすが多くの観光客が訪れているだけあって、見応えがありました。

ルクソールは一大観光地とあってボッタクリや嘘つきが多く、初日から色々と面倒なこともありましたが、明日のナイル西岸観光も楽しみです。


↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック