順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

不思議な不思議なユダヤ教

by miyuki
<今日はこんな日>
・城壁巡り(ヤッフォ門〜ライオン門)
・嘆きの壁で初ユダヤ教徒
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私たちがイスラエルを訪れた理由の一つは、正統派のユダヤ教徒が一度に見られるところはここだけと思ったから。
まず彼らの服装がとてもユニーク。

大きな帽子やキッパと呼ばれるコースターのような浅い帽子をかぶって、全身黒スーツ。
腰からピロ〜ンと白い紐がたれてて、何と言ってももみあげがクル〜ンと巻いてるのがポイント。


        

若い青年なんて、ハリーポッターのように眼鏡をかけていて美白肌の子が多いんです。
喧嘩をしたらソッコー負けそうに見えるのは私だけでしょうか?

 


子供もいっちょ前に同じようにもみあげがクル〜ンとしててかわいい。
それにしてもどうしてこのファッションに辿りついたのか謎です・・・。


ユダヤ教徒の聖地が「嘆きの壁」



この高さ21メートルの壁に向かってバイブルを手にお祈りをします。

















お祈りの仕方も独特で、後ろから見ると壁に向かって泣いているようにも見えるんですが、近くで見ると、前後や左右に激しく揺れながら祈ってるのです。

初めて見たときは衝撃で、衝撃で。



何をそれほど一心不乱に祈っているのでしょう。

何かにとり憑かれたか、はたまたトランス状態かってくらい激しく祈る姿は私にはとても不思議にも映るけど、これが彼らの信仰のスタイル。

日本の僧侶が険しい顔で滝に打たれながらお経を唱えるのと、そう変わらないのかしら。

ユダヤ教徒のこのような姿が見られるのもここエルサレムだけですから、
やっぱりイスラエルに来てよかったと思います。

そして、家族連れの微笑ましい姿をよく目にしました。

ユダヤ教徒は子沢山のようで、みな子供を3〜4人は連れています。
そしてベビーカーを押すのはお父さんの役目のようです。



家族全員で嘆きの壁でお祈りをして、ショッピングや食事を楽しむのがユダヤ教徒のよくある休日の過ごし方なのかもしれません。





↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
キティーが!! 
キティがいるではありませんか!!
こんな遠いところまでいっちゃって。
キティーおそるべしっっ!!

雨降ってるときこの帽子の上からビニール袋かぶるよね。
ふしぎ。
でもお坊さんも髪の毛そったり眉毛そったり
するからね。それを不思議がらないのもふしぎ。

二人が帰ってきたら、日本のイスラエル 伊勢神宮に行きませんか?
  • michie
  • 2009/11/08 8:26 PM
>michie
なに?キティーって??
イスラエル滞在中、雨降らなかったからビニール姿見れなかったよ。
伊勢神宮いいね。行ってみよう!
  • みゆき
  • 2009/11/09 3:49 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック