順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

イエメンコーヒーと絶品チャイ

by miyuki
 <今日はこんな日>
・ツーリストポリスでパーミット取得
・タージタルハホテルから旧市街を一望。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コーヒーのモカは、イエメンのモカという町が由来で、イエメンのコーヒーはモカマタリと言います。
井上陽水の「コーヒールンバ」の歌詞にも登場する、あのモカマタリです。

食後のアラブコーヒーが中東での私たちの日課だったので、イエメンのモカマタリを楽しみにしていたのですが、実際にはサナアではチャイを飲む人が圧倒的に多くて拍子抜けしてしましました。
今やモカマタリは大半が輸出用なんですって。

旧市街のチャイ屋でコーヒーがあったので飲んでみたけど、中東で飲んできたアラブコーヒーとは大分異なり、カルダモンの香りのしない薄味のコーヒーでした。
この店がイマイチなのか?それともこれがモカマタリなのか・・・。
日本へ本物のモカマタリを送ったので、日本に帰って味比べせねば。


お供のお菓子は横のおじちゃんがくれた


イエメンではミルクの缶にチャイを入れてもらうことができる。
グラスで飲むより少し高いけど、量が多くて簡単にテイクアウトできるからいい。


缶チャイ飲むのがイエメン流

チャイ屋で一番多く使われている紅茶、それはリプトンならぬ「イエメントン」
パッケージの色も名前もそっくり。
ティーパックの見た目も間違えてしまうほど。



チャイはグラス1杯でブラックなら10円、ミルク入れると15円。

ところがサナアの旧市街に、情報ノートで「驚異的に美味い」と絶賛されているチャイ屋があって、そこのミルクティーはなんと50円。

他の店とくらべてダントツに値段が高いけど、どうやらボッタクっているわけではないらしい。
作り方を見ていると手が込んでいて、圧倒的にミルクの分量が多く、クリーミーでまろやかなお味。

私はインドのようにスパイスの効いたチャイが好きだけど、中東で飲んだチャイの中ではこの店が一番お気に入りです。あまり言葉を発さず、いつも険しい顔してチャイを作る店主の職人らしい姿もカッコいいのよね。


黙々と"驚異的な"チャイを淹れる店の主人



↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
あ〜このジイ様の店知ってる!
僕も毎日夕方に行ってたよ。
本当に美味しかった。
たまに作りすぎて一杯半とかになっちゃうんだよね。
イエメン懐かしい〜中東また行きたい!
  • とし
  • 2009/10/19 11:12 AM
>としくん
やっぱりカフェ好きのとしくんたちは通ってたか!
そうそう。いつも作りすぎておまけしてくれちゃうし。イメエンはかなりお気に入りの国になったよ。
もうエジプトだからもうすぐ中東終わっちゃうからさびしいよ〜!
  • みゆき
  • 2009/10/26 12:02 AM
このミニバケツのコーヒー飲みたいんだけど、
どうやって飲めばいいのかしらね。

  • みちえ
  • 2009/11/03 11:47 PM
>みちえ
これ、ミニバケツじゃなくてただのカンカンだよ。
牛乳が缶詰に入って売ってるのよ。
口切らないように注意して飲まないといけないんだよ。
  • みゆき
  • 2009/11/04 8:23 AM
ちゃいまんがな。

うちに送られてきたモカコーシー。
あれ飲みたいんだけど。どうやって飲めばいいのかしらね。ドリップしていいのかしら?
  • michie
  • 2009/11/05 12:33 AM
>michie
あのモカマタリか。
あれ、愛知万博でも出展されてたらしいよ。
あれに熱湯注いで、沈むの待って飲むアラブコーヒー風はいかが?ドリップも試してみて。
一番おいしかった飲み方を帰国したら教えてちょうだい。
  • みゆき
  • 2009/11/09 3:53 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック