順風満帆の生活を送っていた新婚夫婦が突然のドロップアウト!より良い人生を求めて2007年10月16日から世界一周旅行中!

ラマダン号でサフランボルへ

by miyuki
<今日はこんな日>
・サフランボルの土曜市場と動物市場
・サフランボル出発、カッパドキアへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

快適と聞いていたトルコのバス移動。
きれいで乗り心地が良くて、サービスマンがドリンクやお菓子までくれると聞いてたからトルコのバス移動はとても楽しみだった。



私たちの乗った夜行バスは、夜中の3時に休憩タイム。
それまで爆睡していた私たちは、かまわず睡眠続行。

しばらくして目を覚ますとまだ休憩時間は続いていて、
車内には私たち以外誰も残っていなかった。

眠い目をこすりながら外の様子をうかがうと、ただのトイレ休憩かと思いきや、
皆さんがっつりとお食事中。

よくもまぁ、こんな遅い時間に食べるわ〜と思ったら、日が昇ってしまったら日没まで食べられないから、きちんとラマダンやっている人はこうして夜中の3時頃食事をとるわけです。
結局、45分間の食事休憩だった。

イスタンブールは大都市で観光客が多いせいか、ラマダン中でも食堂は普通に開いていたし、トルコ人も日中、飲み食いしている人がたくさんいたので、私たちもあまり気を使わずに食事できた。

「トルコはラマダンゆるいから楽チンだねぇ〜」なんて話していたけど、やっぱりしてる人はしてるんですね。

たった7時間バスで移動しただけなのに、サフランボルの朝はイスタンブールよりずっと寒い。
それに雰囲気もガラッとかわって、なんだかタイムスリップしたような気分だ。
旧市街の町全体が世界遺産とされているだけあって、丘の上からの景色は素晴しい。



ちょうど土曜マーケットと重なったので、町の人の日常を垣間見ることができたのもよかった。


杖を売るおじぃ


サフランボルの町はすぐに一周できてしまうくらい小さいし、世界遺産の町だけどこれという見所は少ない。
それでものんびりできて、人が優しい町にいつも惹かれてしまいます。




↓↓↓ ブログランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック